くすみ 毛穴

あなたのお肌年齢はいくつですか?

早めのケアが大切です。
忙しいからとついお手入れをさぼっていると、トラブル続きの肌になってしまいますよ.

 

お肌のケアは1日でも早くスタートしたほうがいいです。その理由は?

 

最近は、皆さんの美意識が高まってきているので10代でも紫外線ケアや基礎化粧品でのお手入れ
をしている方は多いですよね。うらやましいです。

 

私が若いころは肌が黒いのがはやっている時期でもあり、その後に突然来た美白ブーム。
白い肌を黒くするのはできないこともないですが、黒い肌を白くするのは、すぐにはできません。

 

日ごろの紫外線対策が重要です。しかし、紫外線対策も夏だけというかたも多いかと思いますが、
紫外線がきつくなるのは4月からと言われています。過ごしやすい春からしっかりとメラニンケアが

 

必要だという事です。なかなか周りでも日傘とかもさしている人少ないしまだ、大丈夫と
のんびりしてると、肌は紫外線のダメージを受けてしまいます。

 

紫外線のダメージを受けると。
  • 肌が乾燥する
  • 日に焼けて肌が黒くなる。
  • シミの原因になる。
  • シワの原因になる。
  • 吹き出物が悪化する。
  • 光老化の原因になる。
  • 皮膚がんのリスクがあがる。

 

あまり、いい影響は、ないようですね。
全く紫外線を浴びないというのもよくないようですが、普段の生活をしていると、紫外線ケアを
していてもうっかり日焼けなどがありますので、無理に日に当たる必要はないかと思います。

 

紫外線から身を守る方法。

 

日焼け止め。(クリーム、ジェル、スプレー)

一番一般的な回答ではないかと思います。しかし、この日焼け止めの使い方って大変ですよね。
朝塗るのは時間の問題かと思いますが、外出して汗をかいた後の塗り直し。私はこれができてなく

 

うっかり日焼けしてしまいます。汗と日焼け止めが混じると気持ち悪くて拭いてしまうんですが、
そうすると日焼け止めの効力もなくなってしまうんですよね。そして、昼休みにお弁当とか買いに

 

行って日焼け。そして会社帰りにも夕焼けながらも日焼け。
このスパイラルが続いています。一番困るのが、顔です。
会社では洗顔することもできず、うまくメイク直しもできない。

 

これは、今後の課題だと思います。

 

日傘、帽子、手袋、ストール

去年あたりから、男性も日傘さしてるのを見かけるようになりました。私は男性もめんどくさくなければ
さした方がいいと思います。最近の殺人的な暑さは本当に命が危ないとも思う事があります。

 

かばんには必ず、飲料水を携行しタオルやひんやりグッズまで、何かと荷物が多くなりました。
熱中症で運ばれる人もどんどん増えてきて、日本も異常気象が多くなってきましたね。

 

日傘はとても便利で晴雨兼用であれば、少々の雨が降っても雨傘代わりに使えるので曇りの日
でも使えます。シーンに合わせて、折り畳みタイプや、少し短めの日傘など選べるところもおすすめです。

 

サングラス、UVメガネ

日本ではまだまだ、イメージがついていないかもしれませんね。しかし、サングラスなどのUV防止メガネ
はとても重要なのです。紫外線は目から入っても細胞にダメージを与えます。そして、肌を黒くする、
メラニン色素を生成するように命令が脳に行くので、目に入る紫外線も防止したほうがいいのです。

 

重要な役目を果たすサングラスもかっこつけてるというか、おしゃれな人じゃないとかけにくい、
なんて思ってしまっているので、私も色がとても薄いUV防止メガネをしています。

 

ここで、注意しないといけないのが、色の濃いサングラスは逆効果を生んでしまうのです。
色の濃いサングラスをかけると、光を取り入れようと逆に目が働いてしまうからです。
色が薄めの物を選びましょう。

 

それでも日焼けしてしまったら?サンアフターケア

 

日焼けしたところを冷やす。

日焼けは肌がやけどをしている状態。まず冷やします。
肌をクールダウンさせます。冷たいタオルをのせたり、ひどい日焼けの場合は氷のうなども
利用しましょう。

 

まずは、肌を落ち着かせることが大事です。

 

保湿する

日焼けした時は肌が敏感になっているので、普段使っている化粧水などでは、ヒリヒリしてしまうことがあります。
その場合はなるべく水にちかいナチュラルな化粧水を使ってください。

 

あるいは、ワセリンのようなものでカバーしてもいいですが、服に付くと少し厄介なので、日焼けがひどい所だけに
するか、あるいは、ガーゼで覆うなどの火傷のような処置でカバーしてもいいと思います。

 

肌が落ち着いてきたら、通常の化粧水で保湿を開始。
美白成分が入っていると尚良し。そして、いつもより念入りに。

 

肌の調子が戻ってきたら始める事。

 

日焼けの火照りも治まり、肌の調子が戻ってきたら、次は、美白対策に入ります。
肌が傷ついているときに初めても美容成分がうまく肌に吸い込まれない事もあります。

 

日焼けしたことで肌がダメージを受けてゴワゴワになってしまっています。
まずは、古い角質や、肌のキメの中に入った汚れなどをすっきり落とす必要があります。
古い角質や、肌のキメの中汚れは、肌のくすみの原因です。

 

肌のくすみ対策の基本は洗顔からです。
くすみ洗顔で、美容成分が肌に入りやすい状態を作り出します。

 

肌のトーンを上げるくすみ洗顔ランキングはこちら

 

くすみを取って肌のトーンを上げると、シミやシワが目立たなくなって、うれしいですね。